愛し合って結婚したというのになぜ、離婚しなければならないのでしょうか。するのなら結婚しなければいいのです。しかし、なかなかそんな簡単なことがスムーズに行かないのも実状のようです。
なぜ、別れなければならないか、その一番の理由は、性格の不一致と言います。性格の不一致だと段々と夫婦の間に距離が存在し、なかなか修正が出来なくなってしまう危機を迎えることになります。別れるしか道はないという感じることがあると言います。

性格の不一致だから、尚更結婚以前にお互いに判っていそうなものですが、結婚して気がつくというケースが多いのが現実です。
結婚以前、私達は、恋愛というスタイルに囚われておつきあいをしています。恋愛には、性的関心と言ったことも含まれて、目先のこと以外何も見えなくなってしまうのです。

しかし、結婚とは目先のことだけ処理して行けばいいという問題ではありません。結婚した同時期には、長期的展望を見ていかなければなりません。その時、稼ぎはいくら、生活して行くためにとはという別の要素が顔を出すことになり、その時、生活に直面する別の性格をまじまじと見てしまうことになります。
年齢を重ねれば段々と性的関心など見失ってしまうことになりますし、やっぱり段々と夫婦の向きあい方が変わり、この人とはうまくやって行くことが出来ないと思ってしまうことがあると言います。
更に、別れなければならない理由についてをお話しします。